ウッドフェンスは、時と場合によりいろいろな役割が生まれ、空間を演出してくれます。

例えば、植物の背景としてのウッドフェンス。あまり主張するデザインではなく、植物を引き立てるような落ち着いたデザインが求められます。庭としての空間を生み出すウッドフェンスです。

お隣や外側からの目隠しとしてウッドフェンスもあります。施工する場所からはもちろん、室内からの目線も考えて高さを決定します。高くなってしまいがちですが、極力高さを抑え、デザインで「壁」や「塀」にならないように表情を与えていきます。時にはパーゴラにして目線を止めたりもします。

他にも、既設のブロック塀を隠したり、手すりとしてつかわれる場合もあり、ウッドフェンスはウッドデッキ以上に多彩な役割が求められます。
ウッディウォークは既製品や規格品にとらわれない、自由なデザインが特徴です。
その場に合わせたオリジナルデザインをお客様と相談し、ご提案いたします。

※このページの写真はサムネイルになります。写真をクリックすることで大きな全体写真を説明つきで表示します。


ラティス・格子フェンス

ウッドフェンス,エクステリア,外構,木工専門工房 ウッドフェンス,エクステリア,外構,木工専門工房 ウッドフェンス,エクステリア,外構,木工専門工房

ラティス材、格子材の幅、開口とも自由にデザインできます。(ウッディウォークではラティス材30mm×12mmに対して、開口50mm×50mmを基準にしています。ラティスの向こう側を見せたくないときは開口を狭くし、反対にあまり目線を止めたくないときは開口を広くしていきます。)
また、ラティスは木材が斜めに向くため目線が止まり向こう側が見えにくく、格子はラティスに比べると向こう側が見えやすくなります。

横板・縦板フェンス

ウッドフェンス,エクステリア,外構,木工専門工房 ウッドフェンス,エクステリア,外構,木工専門工房 ウッドフェンス,エクステリア,外構,木工専門工房

シンプルな横板、縦板のフェンスです。シンプルな分、高さと幅、板幅とその隙間、笠木の有無、枠材を片面につけるか両面につけるか、さらに右のなど写真のようにスリットを入れたりと、デザインのバランスによって印象が一変します

バスケット・和風・奥行きのある横板フェンス

ウッドフェンス,エクステリア,外構,木工専門工房 ウッドフェンス,エクステリア,外構,木工専門工房 ウッドフェンス,エクステリア,外構,木工専門工房

バスケットとは横板を曲げて編み込んだように見せるデザインです。普通の横板と比べると奥行感が出てきます。
横板の間に黒竹を挟んだデザインのフェンスも製作しました。和室前のブロック塀を隠したいというご要望だったのですが、竹を取り入れることで、和風でありつつもモダンな雰囲気にすることもできます。
また、横板を枠材の前後ろに互い違いに貼っていくと、右の写真のようなフェンスになり、普通の横板フェンスとは少し違った印象になります。

組み合わせ

ウッドフェンス,エクステリア,外構,木工専門工房 ウッドフェンス,エクステリア,外構,木工専門工房 ウッドフェンス,エクステリア,外構,木工専門工房

フェンスとパーゴラと組み合わせると、平面だったフェンスに立体感がでてきます。
左の写真はラティスとバスケット、真ん中はラティスと縦板、右の写真はラティスと横板をそれぞれ組み合わせています。


ウッドフェンスは本当にいろいろな種類があり、また施工する場所によっても様々です。階段があったり、高低差のある場所ですと、「見る場所によって印象が全く違う」ということもあります。
ウッディウォークでは必要によりサンプルを製作し、現地で合わせてみてから最終的な仕様を決定することが多いです。「サンプルで実際に見てみたい」という場合は、ぜひお気軽にご相談ください。